Policy

経営理念

■文化薫る街半田から、洗練されたリーガルサービスを発信する

  • 当事務所は、地域に開かれた存在であるとともに、
  • 常に先端のリーガルサービスを提供し続けることをポリシーとし、
  • 日々研鑽を続けています。

Strength

当事務所の強み

■中小企業診断士資格を有する弁護士が在籍

  •  当事務所には、知多地域の法律事務所で唯一、国家資格である中小企業診断士登録をした弁護士が在籍しています。中小企業の皆様に、経営、法務両面でのサポートが可能です。
  •  当事務所では、不動産業、製造業、保険業、運送業、娯楽サービス業、美容業、飲食・宿泊業、人材派遣会社から、寺院、医院・接骨院、介護サービス業、公的団体、業界団体に至るまで、幅広い分野の顧問実績があります。

■交通事故分野における豊富な経験と顕著な実績

  •  一般民事事件では、特に交通事故の分野において、他の法律事務所に比して、豊富な経験と実績があります。下記のように著名な解説書や裁判例集に掲載された実績も多く、人身事故、物損事故を問わず、難案件への対応が可能です。
  • 【主な掲載裁判例】
  •  ・左肩鎖関節脱臼等による左手母指外傷後痙性内転位(限局性ディストニア)につき、自賠責後遺障害非該当であるが、精神的要因によるものとして事故との因果関係を認め、41年間の後遺障害逸失利益を認めた事例(名古屋地裁平成21年2月27日判決、「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(赤い本)所収。)
  •  ・右足関節部の運動障害等(12級相当)を残した被害者の逸失利益の算定につき、前事故により高次脳機能障害を残し、現在は無職で障害年金を受給し、訓練をしていない事案につき、労働能力や労働意欲を有していないとはいえないことを理由に、後遺障害逸失利益を認めた事例(名古屋地方裁判所岡崎支部平成25年10月10日判決、「交通事故損害額算定基準-実務運用と解説-」(青本)所収)

■複数弁護士の在籍により全分野の対応が可能

  •  当事務所には、複数の弁護士が在籍しており、中小企業法務から、相続、離婚、債務整理などの一般民事・家事事件、刑事事件に至るまで、弁護士業務のほぼ全領域が対応可能です。
  •  最近法律事務所の中には、特定分野に特化して業務を行うところが増えていますが、当事務所ではあらゆる分野に対応できることが弁護士の本分と考え、未知の業務領域へも積極的に挑戦しています。

Information

新着情報
  • 当事務所ホームページ リニューアル致しました